HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋・浜名湖ラグビースクール交流会

11/11(水) 10:00〜

豊橋市の岩田運動公園内の豊橋市民球技場で8日、豊橋・浜名湖ラグビースクールの交流会が開かれました。

これは、豊橋ラグビースクールと浜名湖ラグビースクールがラグビーを通して、相互の親睦を含めようと、30年以上前から行われているものです。この日は、あいにくの天候となりましたが、会場となる豊橋市民球技場には、豊橋、浜名湖、名古屋の3つのラグビースクールの生徒達が集結しました。試合は、フィールドを4つに仕切って各学年ごとに別れて紅白戦形式で行われました。幼稚園・保育園の年中クラスでは、ラグビーボールに慣れ親しんでもらうために、ボールを持って楽しく遊ぶことを大切にしながら、味方のチームの子が捕まったら助けてあげるというチームプレーも指導していました。一方、小学1年生を中心としたクラスでは、段階を踏まえたオフェンスとディフェンスの実技を行っていました。トライをする楽しさや、みんながボールを持てるようにと指導員がチーム全体を見渡しながら、ホイッスルを吹いては、動きを止めて丁寧に指導を行っていました。豊橋ラグビースクールでは、「約束を守る」「みんな仲良く」「最後までがんばる」という創設以来の3つのモットーを大切にし今日まで歩んできました。ここ最近では、ラグビーワールドカップでの全日本チームの目覚ましい活躍でラグビー人気も一気に高まり、豊橋ラグビースクールに、新たなメンバーが加入したそうです。最後は、恒例となっている母の会お手製のカレーライスが振る舞われ子供達は、ラグビーで流した汗を拭きとるまもなく、カレーライスを頬張り楽しい時間を過ごしていました。

取材場所 豊橋市民球技場/岩田運動公園内

一覧に戻る