HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城市 連谷小学校 海老小学校運動会

9/22(火) 10:00〜

no photo

今年度をもって閉校する新城市の連谷(れんこく)小学校と海老(えび)小学校の運動会が20日(日)に行われました。

連谷小学校では、「仲間との絆 ありがとう連谷小」を大会スローガンに、主役の児童3人をはじめ200人を超える地域住民などが参加しました。連谷小学校は 1893年明治26年に開校と長い歴史を持つ学校です。この日は、連谷小学校最後の運動会ということもあり、小学校区外から訪れる卒業生の姿も数多く見られました。運動会は連谷地区大運動会として行われるため、種目は在校生だけでなく、園児や中学生、高校生、一般が参加できるものが数多く用意されています。 山あいの運動場には老若男女の歓声や声援が響き渡り、最後の運動会にふさわしい盛り上がりを見せていました。 海老小学校では「心を一つに最終決戦〜143年の感謝をこめて〜」をテーマに、13人の児童をはじめ多くの地域住民が参加しました。海老小学校は、1873年明治6年に開校と、連谷小学校と同じく長い歴史をもつ学校です。今回は海老小学校として最後の運動会のため、例年とは少し趣向を変えて、「閉校記念 海老小〇×(マルバツ)クイズ」といった海老小学校の歴史を振り返る、全員参加の種目も加えられました。 その他、児童チーム、親チーム、先生チームで競うリレーや、日頃の練習の成果を発揮する児童による一輪車演技、紅白対抗の帽子取り、鈴割りなどが行われ、運動場は終始、熱気に包まれていました。 なお、本年度をもって閉校する新城市の小学校は連谷、海老、鳳来西の3校です。この3校の児童たちは、来年度から現在の鳳来寺小学校に通い、同じ学び舎で学校生活を送ります。

一覧に戻る