HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第15回田原市ディスクドッヂ大会

3/24(木) 10:00〜

no photo

渥美運動公園屋内競技場で22日、第15回田原市ディスクドッヂ大会が開催されました。

 年に一度開催されるこの大会は、今年で15回目を迎え、小学生以下のジュニアの部には9チーム、中学生以上の一般の部には6チームが参加しました。
 ディスドッヂは、大人から子どもまで気軽に楽しめる競技で、田原市が普及に努めてきたニュースポーツの一つです。ルールはほとんどドッヂボールと同じですが、ボールではなく直径27cmの布製のディスクを使います。始めは、ディスクが思うように飛ばせなかった参加者も、試合を重ねるたびにコツをつかみ、中盤では、素早いパス回しなど好プレーが飛び出しました。
 そして予選リーグを勝ち抜いたチームで決勝トーナメントが行われました。
どのチームも勝ち抜いてきたとあって、スピーディーで白熱した試合が繰り広げられました。
 そして、ジュニアの部は延長戦の末「IZUMIGANG」が制し、一般の部は「BBDB」が優勝しました。
 この田原市ディスクドッチ大会。大人から子どもまでスポーツを楽しみながら、交流できるよい機会となったようです。

取材場所 渥美運動公園屋内競技場

一覧に戻る