HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

牛川校区 防災訓練

6/18(水) 10:00〜

no photo

豊橋市立牛川小学校で8日、牛川校区の防災訓練が行われました。

 牛川校区では、「地震を恐れず・悔らず」「自分たちの町は自分たちで守る」をスローガンに掲げ、平成14年から毎年防災訓練を実施しています。
 この日は、およそ430人の校区民が参加しました。
  第2指定避難場所である牛川小学校体育館へ避難する訓練から始まり、各町の代表が校区自治会長に避難人数や安否を報告しました。
 続いて、防災講話が行われ、消防署の職員が、地震についてスクリーンに図や表を映して分かりやすく説明しました。また、豊橋市の過去の災害についても話し、「避難経路の確認などを再度しっかり行い、自分の身を自分で守る努力をしてほしい」と呼びかけました。
 次に、災害時に使用する備え付けの防災資機材の取り扱い訓練を行いました。担架・車いすの組み立てや搬送訓練、簡易トイレの組み立て訓練などを各町の代表者が実践しました。 また、今年はカセットガスボンベで動く発電機や、LEDの照明器具など新しい防災資機材の取り扱い訓練も行いました。
 参加者は、いつ起こるかわからない災害に備え、防災に対する意識を高める良い機会となったようです。

取材場所 豊橋市立牛川小学校

一覧に戻る