HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

赤岩寺寺宝展

11/25(水) 10:00〜

豊橋市の赤岩寺で23日、寺宝展が開かれました。

 豊橋市多米町にある赤岩山赤岩寺は、762年、行基によって開かれたと伝わる真言宗のお寺です。年に一度開催される愛染祭りに当たる23日、赤岩寺が所蔵する仏画や古文書などが公開されました。
 赤岩寺はかつて、毎年11月23日前後に寺宝展を開いていましたが、2011年夏、そのメイン会場であった客殿が火事で焼失したため、しばらくは開催していませんでした。今年10月、新しい客殿が完成したのに伴い、この日は5年ぶりに寺宝展が開催される運びとなりました。
 会場には、歴代住職だけが使用を許される市指定文化財の法具・三国伝来金剛杵をはじめ、女性の毛髪によって梵字が刺繍された絹本刺繍阿弥陀三尊種子、曼荼羅を描いた掛け軸など、古くから伝わる寺宝が数多く並べられ来場者に公開されました。また、愛染明王堂の裏手にある収蔵庫に安置されている国の重要指定文化財・木造愛染明王坐像も公開されました。冠の中には4センチほどの小さな愛染明王像が104体入っており、他に例を見ない貴重なものとされています。
 赤岩寺では今後も年に一度、寺宝展を開催していきたいということです。

一覧に戻る