HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新東名開通前記念事業 東三河(新城)FUN!FUN!サイクリング

12/15(火) 10:00〜

建設中の新東名高速道路本線と長篠設楽原PAで6日、東三河FUN!FUN!サイクリングが開催されました。

これは、普段、自動車以外は走行することが出来ない高速道路を開通前に自転車で走る「1度だけのイベント」です。大会は、東三河FUN・FUNサイクリング実行委員会の主催で、運営は株式会社JTB中部が務めました。走行コースは、新東名高速道路下り線「長篠設楽PA」出口付近をスタート地点に、名古屋方面は「うすごトンネル」周辺まで、東京方面は新城IC付近までの1周およそ20キロ区間です。ロードバイクに跨った1000人の参加者たちは、順番にスタートしました。この大会は、タイムレースを競うものではなく、高速道路から眼下に広がる景色とともにゆっくりサイクリングを楽しんでもらいたいという趣旨とあって、制限時間内に何周でも走ることが出来、参加者はリラックスした表情で広々とした高速道路の走行を満喫していました。一方、スタート・フィニッシュ地点となる、メイン会場の「設楽原PA」内では、地元グルメを堪能できる飲食ブースやサイクルショップなどが軒を連ね、走行を終えた参加者たちをもてなしていました。この日は、ロードバイクの他にもママチャリ部門の走行もあり、総勢1550人が、新東名高速道路の走行を堪能しました。この東三河FUN・FUNサイクリングは、参加者と地域の交流とともに、新東名高速道路と周遊エリアの魅力を五感で感じることができる有意義なイベントとなったようです。

取材場所 建設中の新東名高速道路及び「長篠設楽原PA」

一覧に戻る