HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

不法投棄ごみ撤去作業 新城市池場地内

12/2(水) 10:00〜

不法投棄ごみ撤去作業 新城市池場地内

 一般社団法人愛知県産業廃棄物協会東三河支部は、平成6年に発足して以来、産業廃棄物の適正処理や再生利用の推進に取り組んできました。
今回で20回目を数えるこの活動は、東三河全域で毎年実施されており、今年度は、新城市池場地内の国道151号線沿いで行われました。
会場には、協会員90人、池場地内の住民20人の合計100を超える参加者が集まり、現場となった2箇所でそれぞれ作業が進められました。
現場は、国道151号線からおよそ300m山へ入った所にあり、作業員らは急傾斜地に投棄された大量のゴミを、袋に入れていきました。
投棄されていたゴミは、何年も前に捨てられた形跡が残る物もあり、土に埋まったビニール袋などを掘り起こす姿も見られました。
作業は足元の不安定な中で行われたものの、協会員並びに地元住民の強力なチームワークにより、迅速に進められました。
開始からおよそ2時間が経つと、60立米にもなるゴミが回収され、ゴミが溢れ返っていた山は元の姿を取り戻しました。

取材場所 新城市池場地内

一覧に戻る