HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

東三河県庁 労働講座

2/1(月) 10:00〜

豊橋市にある愛知県東三河総合庁舎で1月27日水曜日、労働講座が行われました。

 東三河県庁が主催して開かれたこの講座は、派遣社員や契約社員など、雇用形態に様々な形が見られるようになった近年の労働環境の変化を受けて、依然として発生している労務トラブルを未然に防ぐ対策や、起こってしまった場合の対処方法を考えるものです。
 対象となったのは、主に東三河地域にある中小企業の事業主や人事労務担当者、労働組合関係者などで、およそ50人が参加しました。
 講座ではまず、愛知労働局の職員が、昨年9月に施行された改正労働者派遣法について説明をしました。
 続いて、株式会社ビジネスリンクの西川幸孝さんが、労働契約の基本原則について話しました。西川さんは、雇い主と労働者が、働き方についてしっかりと共通の認識を持つことが大切である、とした上で、採用時や退職時のトラブル防止についてや、パワハラ、セクハラ、マタハラなどの各種ハラスメントの防止について、また労働契約におけるマイナンバー制度についてなど、具体的な例も挙げながら解説を行いました。
 参加者は、講師の話に熱心に耳を傾けている様子で、労務トラブルの発生を防ぐため、基本事項を改めて確認していました。

一覧に戻る