HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

三世代交流 昔遊びともちつき会

2/4(木) 10:00〜

豊橋市立西郷小学校で2日(火)、三世代交流 昔遊びともちつき会が行われました。

これは、昔遊びや昔ながらのもちつき体験を通して、子ども、親、祖父母の3世代の交流を深めることを目的に行われ、今年で2回目の開催となりました。
 会場の西郷小学校の体育館には、1・2年生の児童39人とその保護者や西郷校区老人連合会のメンバーなど合わせておよそ70人が集まりました。
 参加者は始めに、お手玉、だるまおとし、竹とんぼなど昔遊びを体験しました。
 中でも人気を集めていたのは、駒まわしです。初めて遊ぶ児童も多く、糸の巻き方や投げ方を一から教わり、見よう見まねでチャレンジするも上手くコマが回らず、悪戦苦闘する姿が多く見られました。
何度も繰り返し挑戦し、駒が回ると大人も一緒になって喜んでいました。
 他にも、けん玉やあやとり、めんこもあり、児童だけでなく、大人も童心に返り夢中になって遊んでいました。
 続いて行われたもちつき会では、祖父母世代にアドバイスをもらいながら、みんなで順番に、杵を力いっぱい振りおろし、もちをつきました。
餅つき後は、みんなで試食。子どもたちは、口いっぱい頬張り、つき立ての餅を堪能しました。

取材場所 豊橋市立西郷小学校

一覧に戻る