HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城小学校 阿部夏丸さんの話を聞く会

2/8(月) 10:00〜

新城市立新城小学校で、5日、作家の「阿部夏丸さんの話を聞く会」が開かれました。

新城市立新城小学校で、5日、作家の「阿部夏丸さんの話を聞く会」が開かれました。
 新城小学校は、校庭内の隅にある「ぎょぎょらんど」という人工池の整備活動を、3年前から、6年生やPTAなど地域住民が協力して行ってきました。この日の集会では、まず、ぎょぎょランドの再生プロジェクト活動に携わった6年生たちが、花や木を植えたり、池に川の砂利を敷き詰めたりした写真を紹介しながら、今年度の活動を発表していきました。
 その後、作家の「阿部夏丸さんの話を聞く会」が開かれました。豊田市出身の阿部さんは、小説「泣けない魚たち」で2つの文学賞を受賞され、西三河の矢作川水族館の館長も務めていらっしゃいます。テーマは「川に教えてもらったこと」で、阿部さんは、ご自身の幼少の頃から現在に至るまで、川で生息する生き物を実際に触れて発見したことや、カエルやカメ、アメリカザリガニなどといった、新城の子どもたちにもなじみのある生き物について話しました。
阿部さんの身振り手振りを交えた面白い話にどんどん惹きつけられた子どもたちからは、何度も何度も大きなどよめきと笑いが起こっていました。そして、新しく生まれ変わった「ぎょぎょランド」の魚たちについても、これからもっと興味を持って、みんなでいつまでも守っていこうという気持ちが芽生えたようです。

取材場所 新城市立新城小学校

一覧に戻る