HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

平成28年度 新城市めざせ明日のまちづくり事業補助金審査会

2/18(木) 10:00〜

新城市消防防災センターで14日、平成28年度めざせ明日のまちづくり事業補助金審査会が行われました。

めざせ明日のまちづくり事業補助金とは、市民活動団体による新城市や複数の地域自治区を対象とした自主的なまちづくり活動を応援する制度のことです。
この日は28年度の審査会が開かれ、申請をした6つの事業の関係者が集まり、1団体ずつ発表を行いました。
はじめに発表した新城ユースの会は、世界の若者と一緒に自分のまちについて考える新城ユースカンファレンスについての取り組みを紹介しました。続いて緊急事態管理プロジェクトが提案する事業は、災害時に避難所と防災拠点の通信情報網の整備についてです。しんしろブランド向上委員会は、奇跡のヒマワリに着目し、新城市全域にヒマワリを咲かせその内容をプロモーションビデオとして制作し、防災意識を高めたいと思いを述べました。また、元気のあるまちづくりのために新城の景色をカレンダーにしてその魅力を発信したいと考えている新城51景の会や、地域活性と健康増進のために「菜の花祭り」や食用の菜の花を栽培していく取り組みの新城菜の花ネット協議会などが登場しました。さらに笛の盆実行委員会は、昨年の活動を振り返りながら、今年も新城市の歴史資源を活かしたまちづくりの提案をしました。
それぞれの事業内容の説明のあとには、審査委員による質疑の時間も設けられ、補助金の活用の仕方や、今後の見通しなどについて質問が投げかけられました。
この日行われた審査により、2月下旬から3月上旬に補助金が下りる事業が内定するということです。

取材場所 新城市消防防災センター

一覧に戻る