HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

乙女の食卓〜東三河の春〜

3/16(火) 10:00〜

ホテルアークリッシュ豊橋で9日水曜日、「乙女の食卓〜東三河の春〜」が開催されました。

 これは、参加者に地元食材の魅力を伝えることで、地産地消を推進しようと行われているもので、この日、女性を中心とした65人の人々が、東三河の農畜産物や加工品を使ったフルコース料理を楽しみました。
 4回目を迎えた今回は、初めての試みとして会場にスクリーンが設けられ、リアルタイムで厨房の様子が映し出されました。参加者は調理を担当したホテルアークリッシュ豊橋の総料理長 今里シェフによるメニューの解説を聞きながら、調理や盛り付けの様子を見ることが出来ました。
 また食材を提供した農家やJA職員などからは、その食材の特徴や生産方法なども紹介され、参加者は山の幸も海の幸も楽しめるこの地域の魅力を再発見しながら、数々の料理を楽しんでいました。
 食欲をそそる前菜やスープなどに続いてメインディッシュとして登場したのは、豊橋市のスナップえんどうと三河の彩り野菜が華やかに盛り付けられた、設楽町の段戸牛ロース肉のロティです。参加者は、地元で採れた食材の美味しさに感心しながら
テーブルごとに会話を弾ませ、優雅で贅沢なひとときを楽しんでいる様子でした。

一覧に戻る