HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

しおさい大学 生涯学習講座 能「船弁慶を見よう」

4/21(木) 10:00〜

田原市の田原福祉センターで、20日、生涯学習講座のしおさい大学で、能の「船弁慶を見よう」の講座が開かれました。

田原市の田原福祉センターで、20日、生涯学習講座のしおさい大学で、能の「船弁慶を見よう」の講座が開かれました。
この「しおさい大学」は、地元の人たちに健康づくりと生きがいのある人生を送ってもらえるように、田原市生涯学習課が毎年開催している講座です。
今年度の初回となったこの日は94人の参加者があり、田原市在住の板倉さんが講師となって、能の「船弁慶」を楽しみました。
板倉さんは、始めに、能「船弁慶」の登場人物である武蔵坊弁慶や源義経、その妻の静御前について、時代背景とともに簡単に紹介しました。
続いて、能「船弁慶」の映像を鑑賞しました。その途中で、映像を一旦止めて、仕舞の見どころなどを説明していきました。参加たちは、資料に目を通しながら、じっくりと鑑賞しました。特に後半の、平清盛が亡霊となって出てきたあと、弁慶に悪霊退散の祈祷によって追い払われるシーンでは、能の面白さや奥深さを味わっていました。
この生涯学習講座「しおさい大学」は、これから毎月1回、9月まで6回にわたって開催される予定で、次回の5月には、田原市の蔵王山ふもとにある「権現の森の自然」を学習するそうです。

取材場所 田原福祉センター(田原市赤石2丁目)

一覧に戻る