HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

ワークショップ つないで解決!地域連携〜地域ネットワークについて考える〜

4/26(火) 10:00〜

豊橋市松葉町二丁目のカリオンビルで、23日、「つないで解決!地域連携〜地域ネットワークについて考える〜」ワークショップが開かれました。

豊橋市松葉町二丁目のカリオンビルで、23日、「つないで解決!地域連携〜地域ネットワークについて考える〜」ワークショップが開かれました。
 豊橋の市民活動の拠点となっているオレンジプラザが主催した、この日のワークショップには、他の団体との連携に興味を持ち、協働したいと考える市民団体や地域の団体の代表、さらに豊橋市の若手職員ら13人が参加しました。
講演会では、NPO法人地域福祉サポートちた事務局長の市野めぐみさんが、「地域連携から地域課題の解決を考える」をテーマに話しました。
 市野さんは、「フードバンク」という、賞味期限が少なくなった食品などを企業から無償で譲り受け、生活に困っている人たちに配布する活動を、知多半島の他の団体と連携して広げてきました。そして、今では、半田市や常滑市の行政や社会福祉協議会など45の団体が活用していると話しました。参加者たちは真剣にメモを取りながら、市野さんのパワーあふれる行動力に感心している様子でした。
 後半は、3班に分かれて、ワークショップを行いました。参加者たちは、地域の各団体が抱える課題を自分たちだけでなく、他の団体にも協力を仰ぐなどして解決していくきっかけをつかんだようです。

取材場所 カリオンビル(豊橋市松葉町二丁目)

一覧に戻る