HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市少年自然の家 シェアリングネイチャー体験

5/2(月) 10:00〜

豊橋市伊古部町にある「豊橋市少年自然の家」で、4月30日、「シェアリングネイチャー体験」が行われました。

豊橋市伊古部町にある「豊橋市少年自然の家」で、4月30日、「シェアリングネイチャー体験」が行われました。
 豊橋市少年自然の家では、このゴールデンウィーク中に、楽しいキャンプを過ごしてもらうようにと、自然体験キャンプWEEKを開催しています。この日の午後には、豊橋ネイチャーゲームの会の協力で、「シェアリングネイチャー体験」が行われ、キャンプを楽しむ6家族が参加しました。この「シェアリングネイーチャー」とは、自然と遊び、学ぶことで、心豊かな生活を送る生き方のことです。まずは、リーダーからある生き物を推測して、特徴や生態について学びました。
続いて、みんなで森の中に入って、「カモフラージュ」という、ネイチャーゲームをしました。これは、一本のロープに沿って歩いて、カモフラージュされたものをいくつ見つけるかというゲームです。参加者たちは、草むらの中だけでなく、木の上を見上げながらじっくり探して、カモフラージュされているものを探していきました。そして、全員が探し終わった後、ネイチャーリーダーが正解を見せていくと、大人たちさえも見分けがつかないものがたくさんあり、自然から学ぶ奥深さを知りました。
後半は、ゆっくりと大きく自然の空気を吸ったり、芝生に大の字になって、目を閉じたまま風の匂いや音を感じとって楽しみました。
参加した大人も子供も、こうしたゲームや体験を通して、人間の五感を使って自然に触れることの大切を、あらためて感じたようです。

取材場所 豊橋市少年自然の家(豊橋市伊古部町)

一覧に戻る