HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

平成27年度豊橋少年少女発明クラブ 作品発表会

2/23(火) 10:00〜

no photo

平成27年度豊橋少年少女発明クラブの作品発表会が、20日(土)に「こども未来館ここにこ」で行われました。

科学技術に関心を持つ子どもたちが、楽しみながらものづくりに取り組む「豊橋少年少女発明クラブ」。「こども未来館ここにこ」を活動場所に、今年度は、ゴム動力で動くおもちゃづくり、木製貯金箱づくり、創意工夫作品制作、からくり山車制作などの活動をしてきました。この作品発表会は、クラブの会員が製作した創意工夫作品などの紹介をはじめ、1年間の活動成果を発表するもので、毎年この時期に行われています。当日は、高校生アイデア作品発表会として豊橋工業高校の生徒3人、新規クラブ員作品発表として42人、継続クラブ員作品発表として41人が参加しました。子どもたちは、制作にいたった経緯と工夫した点を説明した後、作品がどのようなものか実演をしました。 どの作品も、作者の個性が光るものばかりで、中には、おじいちゃん、おばあちゃんが日頃の生活で不便に感じていることを、発明で解決するというユニークなものもありました。作品発表が終わると、第6回全国少年少女チャレンジ創造コンテストで銅賞に輝いた、チーム「ココニコRUN」の作品「とったドー!」と、金賞と文部科学大臣賞に輝いたチーム、「コットンキャンディー」の作品「凧あげ」の結果報告会が行われました。その後、1階ロビーで2チームの作品の実演が行われ、子供たちのアイデアが溢れんばかりにつまったその出来に、来場者からは驚きの声が上がっていました。閉会式では、審査結果の発表と表彰式が行われ、「平成27年度豊橋少年少女発明クラブ 作品発表会」は幕を閉じました。

一覧に戻る