HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原市防災リーダー研修会

5/17(火) 10:00〜

田原文化会館多目的ホールで、14日、「防災リーダー研修会」が行われました。

田原文化会館多目的ホールで、14日、「防災リーダー研修会」が行われました。
 この防災リーダー研修会は、毎年この時期に、田原市の防災対策課の主催で行われているもので、田原市20校区、103地区の防災リーダーたちが参加しました。
 第1部は、田原市防災対策課の粕谷課長補佐が、田原市の避難所の運営をテーマに詳しく説明していきました。
今から21年前の阪神淡路大震災以後、避難所の運営の重要性が高まっていることで、防災リーダーたちは、避難所開設から撤収までの流れや田原市における避難所の過去の開設状況の話を真剣な表情で耳を傾けていました。
 第2部は、愛知県災害対策課支援グループ職員が講師となって、「避難所運営ゲーム」を行いました。これは、避難者の年齢や性別、国籍などが書かれたカードを避難所に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また、避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくのかを疑似体験するゲームです。まず、避難者カードを読み上げて、グループ内でどこに配置するのかを決めました。その後、トイレを早く設置してほしいとか、ペットと一緒に過ごしたいなどのいろんな要請に対して、意見を出し合って次々とさばいていきました。
 参加した各地区の防災リーダーたちにとって、災害時の避難所の運営の大切さと難しさを学ぶいい機会となったようです。

取材場所 田原文化会館 多目的ホール(田原市田原町)

一覧に戻る