HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原市立衣笠小学校 竹ドーム作りとゴーヤの苗植え

5/26(木) 10:00〜

田原市立衣笠小学校の東側にある遊休農地で23日月曜日、竹ドーム作りとゴーヤの苗植えが行われました。

 この活動は東日本大震災が起きた5年前に始めたもので、地域の子どもたちと共に栽培した、ゴーヤなどを東北へ送っています。
主催は、田原市の遊休農地の活用などを行っている「NPOエコウインドネット」です。
 この日は、田原市立衣笠小学校の4年生児童65人とエコウインドネットのメンバー7人が参加し、竹ドーム作りとゴーヤの苗植えを行いました。竹のみで作り上げる竹ドームは、エコウインドネットのメンバーが、愛知万博に出展されていたものに興味をもち、作り方を教わったものです。メンバーは、児童たちの手を取って指導しながら、竹の板を組み合わせる作業を進め、およそ1時間で竹ドームが完成しました。
 この後、全員でゴーヤの苗を植えていきました。このゴーヤは、2か月後に収穫する予定で、東北だけでなく、今年は震災が起きた熊本県にも送るということです。

一覧に戻る