HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

トヨタ自動車田原工場 立て干し網漁

5/31(火) 10:00〜

5月29日日曜日、田原市伊良湖シーパーク&スパ前のビーチで立て干し網漁が行われました。

このイベントは、トヨタ自動車田原工場の社内団体「HORYU(ほうりゅう)会」が社員同士の親睦や交流を深めるため、3年前に始めたものです。 晴天に恵まれたこの日、会場には、トヨタ自動車の社員やその家族など過去最高の1421人が集まりました。
 開会式では、HORYU会の小山支部長のあいさつに続き、立て干し網漁のやり方などが説明された後、参加者は、場所を海岸に移して、漁を始めました。
 この日の立て干し網漁は、海岸の浅瀬で作った囲いの中に三河湾で捕れたヒラメやクロダイ、カサゴといったおよそ3000匹の魚を放流したものを素手や網を使ってとるものです。参加者たちは、懸命に海水を調べ、魚を探していました。中には、50センチ以上もある魚を捕まえた方もいて、立て干し網漁を楽しんでいました。
 また、宝探しやヨーヨー釣りなどのゲームコーナーが用意され、子どもたちは、夢中になってゲームに挑戦していました。その他にも、HOURYU会のみなさんにはおなじみのHORYU鍋やかき氷などのブースも出展されていました。
 

一覧に戻る