HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

夏期民踊講習会

6/27(月) 10:00〜

新城市庭野にある新城市青年の家で、21日火曜日、「夏期民踊講習会」が開かれました。

新城市庭野にある新城市青年の家で、21日火曜日、「夏期民踊講習会」が開かれました。
 これは、新城民踊研究会が、夏の盆踊り大会に使用される曲を、地域の指導者や関係者たちに新しく覚えてもらおうと毎年開催しているもので、この日は、新城各地から約80人が集まりました。講師として指導にあたったのは、日本民踊研究会師範の山本豊智(ほうとも)さんです。今年は、「お座敷小唄」や「音頭にっぽんめでた」など4曲が用意されました。
 大きく輪になった中心で、山本さんがうちわの上げ方など、身振り手振りで教えたあと、曲を流して練習しました。始めのうちはぎこちなかった参加者もいましたが、すぐにふりを覚えてスムーズに踊っていました。そして、3曲目の橋幸夫の昔の大ヒット曲「恋をするなら」やNHK朝の連続ドラマの主題歌にもなったAKB48の「365日の紙飛行機」など、曲調がガラッと変わったりしても、みなさん軽やかな動きを見せていました。
来月7月24日には、新城文化会館はなのき広場で「市民盆踊り大会」が開かれる予定で、参加者たちはこの夏の盆踊りに向けて、新曲を楽しみながらマスターしていました。

取材場所 新城市青年の家(新城市庭野)

一覧に戻る