HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋地産地消ネットワークプロジェクト キックオフ会議

7/1(金) 10:00〜

豊橋サイエンスコアで6月29日水曜日、「豊橋地産地消ネットワークプロジェクト」のキックオフ会議が開かれました。

 これは、全国有数の産出額を誇る豊橋産の農産物を、市内の飲食店でもっと活用してもらおうと立ち上げられたプロジェクトです。参加したのは、豊橋市内の飲食店をはじめ、農家やJA、市場、物流、小売など青果に関わる様々な事業者です。
 キックオフとなったこの日、参加者は、地域で生産された農産物などを使って商品を生み出し、それを消費者に確実に届けることで、地域の活性化を図ろうとする「ローカルバリューチェーン構想」についての説明を受けたあと、意見交換を行いました。
 小売業者からは、地元農産物の多くが、単価の高い都市部へ出荷されてしまうこと、また飲食店業者からは、地元農産物の安定供給を確立するための課題などが挙げられ、それぞれの立場から積極的な意見が交わされていました。
 今後、メンバーたちは1年を通して、事業間のネットワーク作りや、圃場の視察などを通して豊橋農産物について学んでいきます。

一覧に戻る