HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

東陽ふれあい音楽会

7/15(金) 10:00〜

豊橋市多米校区内にある豊橋市東陽地区市民館で13日(水)、「東陽ふれあい音楽会」が開かれました。

この東陽ふれあい音楽会は、身近に本格的な生の演奏に気軽に親しんでもらおうと、平成17年から行われている催しで8月を除く、毎月第2・第4水曜日に開催されています。今回で177回目の開催となったこの日は、「魅惑の大正琴アンサンブル」と題し、女性4人のハープクイーンズのメンバーが、演奏を披露しました。ハープクイーンズは平成12年に結成され、ポピュラーな大正琴とは一味違う、ソプラノ・アルト・バスに分かれて奏でる、スタイリッシュで新しいサウンドの大正琴アンサンブルユニットで、愛知県や静岡県を中心に活動しています。この日のプログラムでは、聞き馴染のある歌謡曲を中心に披露されました。美しく哀愁をおびた音色が会場に響き渡ると来場者は、その音色に引き込まれるように静かに耳を傾けていました。この東陽ふれあい音楽会「魅惑の大正琴アンサンブル」は、誰もが口ずさむことが出来る懐かしい曲を大正琴の音色で、優しく涼しげに、夏のひと時を満喫できる楽しい時間となったようです。

取材場所 豊橋市東陽地区市民館/多米中町1丁目

一覧に戻る