HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

SUP豊川クルージング体験

8/2(火) 10:00〜

吉田城ふもとの豊川河畔で30日・31日の両日、スタンドアップパドルボードのクルージング体験が開催されました。

スタンドアップパドルボードは、SUP(サップ)と呼ばれている、近年世界中で人気が高まっているウォータースポーツです。今回のスタンドアップパドルボード豊川クルージング体験は、豊橋市制110周年の市民提案イベントの一つとして行われ、豊橋市を流れる豊川で景観と川に親しんでもらおうと、豊橋SUP協会の主催で開催されました。講師は、元・プロウィンドサーファーの松井重樹さんと、鎌田良太さんの二人です。開催日・2日目となった31日(日)は、集まった参加者を前に講師の松井さんが、パドルの長さの調整や、パドルの持ち方と漕ぎ方などを説明し、講師の合図とともに一斉に岸から出発しました。このスタンドアップパドルボードは、ボードに立ってバランスを取りながらパドルで水を漕ぐだけで乗るのは簡単です。また、なにより性別や年齢に関係なく初心者でも楽しめるウォータースポーツとして関心が高まっています。水上では、立ち方やバランスのとり方など丁寧な指導が行われ、SUPに慣れてきた参加者は自由に水上のスポーツを楽しんでいました。絶好のアウトドア日和となったこの日は、親子連れの参加者もあり、夏休みのひと時を水上で心地良さそうに楽しんでいました。

一覧に戻る