HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第22回ヤマサ夏祭り

8/11(木) 10:00〜

豊橋市下地町のヤマサちくわ本社駐車場にて、8月6日土曜日と7日日曜日の2日間、「第22回ヤマサ夏祭り」が開催されました。

 これは、ヤマサちくわが、日ごろのお客様への感謝の気持ちを込めて、毎年開催しているイベントで、今年で22回目を迎えました。
 取材に訪れた6日土曜日は、夕方5時ごろから続々とお客さんが会場に集まり始めました。
会場内に設置された、ええじゃないか横丁では、定番のかき氷や焼きそばなどが出店されたほか、ヤマサちくわならではの、ちくわの実演販売のブースもあり、出来たてのちくわが食べられるとあって、人気を集めていました。
ここでは、職人たちが手慣れた手つきでちくわを円筒状にして、焼いていく様子を見る事ができ、来場者は、物珍しそうに作業の様子を見つめていました。
また、ステージブースでは、親子で楽しめる体験型のゲーム大会が行われました。
「風船割り競争」やちくわの筒をどれだけ高く積むことができるかを競う「ヤマサツムツム」など、一風変わったゲームが企画され、会場は盛り上がりをみせていました。
ステージでは他にも、ヤマサちくわの新入社員が踊る「ちくわっしょい」の披露や大抽選会が行われました。
また、豊丘高校和太鼓部OB・OGによる演奏が披露され、日が暮れた会場に和太鼓の迫力ある音色が響き渡りました。
多くの来場者で賑わった、この第22回ヤマサ夏祭り。食べて、遊んで、参加して、来場者にとって夏の良い思い出となったようです

取材場所 ヤマサちくわ本社駐車場

一覧に戻る