HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

昆虫の魅力 オオクワガタの世界

8/15(月) 10:00〜

豊橋市伊古部町の高豊地区市民館で10日、親子学習会「昆虫の魅力 オオクワガタの世界」が開かれました。

 この講座は、豊橋市の南部地域にある地区市民館6館とアイプラザ豊橋、計7箇所が協力・連携して開催する「七つ星トレイル事業」の一つです。この事業では、「環境」をテーマに、様々な体験・実験・発見ができる企画が用意されており、この日は、高豊地区市民館で、「昆虫の魅力 オオクワガタの世界」と題した講座が開かれました。
 講師を務めたのは、豊橋市西赤沢町でクワガタ専門店「マツノインセクト」を経営する松野さん親子で、15組の親子が参加しました。
 前半で、オオクワガタの生態や採集の仕方、成虫の飼い方などを聞いた参加者たちは、後半で松野さんが持参した、愛知県内に生息する貴重なクワガタの標本や、生きた立派なオオクワガタを見せてもらいました。特に、間近で見るオオクワガタの成虫には、子どもだけでなく、一緒に来たお父さんやお母さんもその大きさに驚き、松野さんにその理由を尋ねる場面も見られました。松野さんは「成虫を大きくするには、いかに幼虫の段階で大きくするかがポイントです」と、真剣に話を聞く子どもたちに、優しくアドバイスをしていました。
 講座の最後には、参加した子どもたちから、ケースに入れるオガ粉の湿り具合や、「クワガタとカブト虫を同じケースに入れてもいいですか?」といった素朴な質問が相次ぎ、クワガタに対する関心の高さが伺えました。

一覧に戻る