HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第3回豊橋ふれあい親子ペア将棋大会

9/1(木) 10:00〜

豊橋市松葉町にある豊橋市民センター6階多目的ホールで28日(日)、第3回豊橋ふれあい親子ペア将棋大会が開催されました。

これは、親子がペアを組んで相談しながら一手ずつ交互に将棋を指す大会で、豊橋ふれあい子ども将棋教室の主催で開催されました。夏休み最後の日曜日となったこの日は、東西三河をはじめ三重県や岐阜県など遠方からの参加者もあり、総勢25組の家族が対局に挑みました。大会は、まず予選リーグが行われました。25組の参加者が、AからFの6つのグループに分かれました。A〜Eグループは4組が、Fグループは6組が総当たり戦で行われました。将棋の対戦は通常1対1ですが、この大会では2対2、いわばチーム同士での戦いとなるため、お互い相談したり意見を聞きながら行うことが出来ます。対局では、それぞれ息詰まる熱戦が展開され、将棋の駒を指すたびに、パチ!パチ!と小気味よい音が響いていました。この日は、同時にプロ棋士による「指導対局」も行われました。日本将棋連盟の室田伊緒女流二段が相手となって、さし方のアドバイスなどワンポイントレッスンを行いました。この、第3回豊橋ふれあい親子ペア将棋大会。家族が、共通の趣味を通じてコミュニケーションを深める有意義な時間となったようです。

取材場所 豊橋市民センター/豊橋市松葉町

一覧に戻る