HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第4回海の環境を学ぶ会「タッチングプール」

10/19(水) 10:00〜

no photo

田原市中山町の休暇村伊良湖のキャンプ場で16日、環境ボランティアサークル亀の子隊が、海の環境を学ぶ会「タッチングプール」を開きました。

 環境ボランティアサークル亀の子隊は、代表の鈴木吉春さんが教員時代に西の浜の清掃活動をしたことをきっかけとし、10年以上経つ今も、当時の教え子が活動を手伝いながら、日々、多くの人に海の大切さを伝えています。
 タッチングプールは、西の浜で獲れる魚に触ってもらい、さらには食べてもらおうという催しです。
 漁師の吉川俊郎さんによって、タッチングプールの為の魚が、運ばれてきました。魚は、この日の朝、西の浜の沖合で定置網によって獲られたものです。参加した親子およそ50人は、たくさんの魚に目を輝かせていました。
 魚は、地元の料理店店主らがさばき、刺身や塩焼きにして参加者に振る舞われました。
 子どもたちは海の生き物に触れ、それを食べることで、命のつながりや大切さを自然と学ぶことができたようです。

取材場所 休暇村伊良湖キャンプ場

一覧に戻る