HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城高校 演習林実習

10/24(月) 10:00〜

10月20日木曜日、新城市門谷にある新城高校演習林にて演習林実習が行われました。

この実習は、新城高校の1年生を対象に、環境・育林に関する体験的な学習を通して、森林の果たす役割を理解してもらうため、毎年この時期に行われています。
この日、演習に参加したのは、新城高校、園・食科の39人。生徒達は、バスに乗り込み、新城市門谷にある新城高校の演習林に移動しました。
実習場所に到着すると、講師を務めたNPO法人森林真剣隊のメンバーに、作業に使用する道具の種類や使い方の説明を受けました。普段見慣れない道具を前に、興味深そうに話を聞く生徒の姿が見られました。
説明を受けた後は、森林真剣隊の指導のもと、刈り払い機やチェーンソーを実際に扱い、その重さや振動を肌で感じていました。
昼食後は、間伐実習として、傷みのある木の伐採を行いました。代表で、伐採を行った生徒は、チェーンソーを入れる角度や方向を気にしながら緊張した面持ちで、作業していました。
 その後も、チェーンソーの実技や倒木した木の運搬方法について指導が行われました。
 新城高校の伝統授業であるこの演習林実習。生徒たちにとって初めての実践的な学習とあって、環境や育林について考える良い機会となったようです。

取材場所 新城市門谷 新城高校演習林

一覧に戻る