HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

学校を核としたまちづくりセミナー

10/27(木) 10:00〜

10月25日火曜日、田原市役所で「学校を核としたまちづくりセミナー」が行われました。

田原市では、子供たちが自分たちの住むまちをどのようにしていきたいのかを考え、行動できる力をつける教育環境を構築するため、田原市民、教員、行政職員などを対象に学校を核としたまちづくりセミナーを実施しています。この日は、北海道地域づくりアドバイザーを務める株式会社ノースプロダクション代表取締役の近江さんを招き、講話とワークショップが行われました。近江さんは、実体験を交えながら、子どもを軸としたまちづくりについて、話を進めていきました。「移り変わりの激しい厳しい時代を生き抜いていくためには、課題を見つけ、その課題を解決していく力が必要になる。そのためには、地域、学校、家庭が協力して社会とのつながりの中で子どもたちを育てていくことがが重要だ」と話しました。参加者たちは、メモを取るなど真剣に話に聞き入っていました。講話の後には、グループワークが行われました。このグループワークでは、学校と地域が連携してできることについて話し合い、各班ごとにそのアイデアを発表しました。参加者たちは、いろいろな立場の人たちと意見を交わしながらより良いまちづくりを考えることができたようです。

一覧に戻る