HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋西ライオンズクラブ 車椅子支援事業

10/31(月) 10:00〜

豊橋西ライオンズクラブが海外へ車椅子を提供している事業の一環として、27日、豊橋工業高校で中古の車椅子の修理が行われました。

豊橋西ライオンズクラブが海外へ車椅子を提供している事業の一環として、27日、豊橋工業高校で中古の車椅子の修理が行われました。
 豊橋西ライオンズクラブは、国際貢献事業として、2005年から継続して、海外に車椅子を送っています。今年も、のべ4日間にわたり、豊橋工業高校の先生と生徒たちの協力もと、愛知県内外の病院や福祉施設などから提供していただいた中古の車椅子を修理しました。先生と6人の生徒たちは、車椅子の状態を確かめながら、タイヤや足を載せる部分の部品を交換したり、破損しているカバーを外して、別のカバーを取り付けたりしました。そして、肘掛け部分の交換では、新たにフレームに穴をあけて、ネジで止め直してしました。また、西ライオンズのメンバーも参加して、座席の汚れを落としたり、さびついた金属部分を一生懸命こすったりして、きれいに磨き上げていきました。この日集められた車椅子は、中古ながら程度のいいものが多かったおかげもあって、メンバーたちは、2時間余りで手際よく作業を終えることができました。
なお、4日間で修理された90台の車椅子は、名古屋市のアジア障害支援プロジェクトを通じて、12月に東南アジアのタイへ
送られることになっています。

取材場所 豊橋工業高校(豊橋市草間町)

一覧に戻る