HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第39回東三菊花展

11/3(木) 10:00〜

豊橋総合動植物公園・植物園温室内のイベントのへやで、11月13日まで、大小色鮮やかな菊が並ぶ、「第39回東三菊花展」が開催されています。

この「東三菊花展」は、豊橋市内を中心に東三河に在住の菊愛好家で構成する東三菊友会が毎年開いている展示会で、今年で39回目を迎えました。会場となった、豊橋総合動植物公園の植物園内にある「イベントのへや」には、35人の会員によって、この日のために育てられた自信作130点が展示されています。一本の木からたくさんの花を咲かせる「懸崖」という大作から、「福助の部」、「ダルマの部」、「スプレー菊の部」など、およそ17の部門にわかれて展示されています。出展作品は、今年4月に針金のように細い新芽を土にさして、半年間毎日手をかけ、育て上げた数十鉢の中から選び抜かれた作品です。今年は、例年にくらべて9月の日照時間が少なかったことなどの影響で、開花の時期が1週間から10日ほど遅れているとのことですが、会場では、凛とした姿の色鮮やかな菊の花々が来場者を楽しませています。この第39回東三菊花展は豊橋総合動植物公園・植物園温室内 「イベントのへや」で11月13日(日)まで開催されています。

取材場所 豊橋総合動植物公園 植物園内「イベントのへや」

一覧に戻る