HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

吉田城の石垣に挑む! いつ、誰が積んだのか?

11/28(月) 10:00〜

講演会、「吉田城の石垣に挑む!いつ、誰が積んだのか?」が23日(水)に豊橋市美術博物館で行われました。

これは、現在の豊橋公園内にあった吉田城への関心を高めてもらおうと活動する、NPO法人「吉田城復元築城をめざす会」の主催によるもので、当日は、はじめに、会の磯部理事長が、これまでの活動の足跡を振り返りつつ、あいさつを述べました。その後、来賓祝辞に続き、蒲郡市在住の壁谷善吉さんが、吉田城の石垣の刻印に関する講演をしました。壁谷さんは平成8年から三河地方の海や山、神社仏閣の石調査を行っており、これまで戦国武将・池田輝政のものとみられる刻印が入った石を、蒲郡市西浦町の八王子神社で発見するなど、様々な実績を残しています。会場を訪れた人達は、壁谷さんの話しを時折メモをとりながら聞き、吉田城の石垣の刻印について知識を深めていました。

一覧に戻る