HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

コンドルズの遊育(あそいく)計画2016

11/23(水) 10:00〜

穂の国とよはし芸術劇場PLATで、19日土曜日、「コンドルズの遊育(あそいく)計画2016」が開催されました

穂の国とよはし芸術劇場PLATで、19日土曜日、「コンドルズの遊育(あそいく)計画2016」が開催されました。
 「遊育(あそいく)」とは、子どもたちが「からだを使った遊び」を通じて、想像力や自主性、コミュニケーョン能力を育むもので、この日は、開園1時間前から、pLATの館内がこどもたちの「遊び場」と化していました。
 段ボールを使った手作りの遊び場で、子どもたちは、飛んだり、滑ったり、迷路をくぐったりとキャーキャーと声を上げながら楽しんでいました。
 遊び場の最終地点となったメインホールでは、コミカルなダンス集団「コンドルズ」による公演が行われました。「とぶ」「「ささえる」「なげる」など人間の36の基本動作を、次々とコンドルズの面々がパフォーマンスをしたり、親子が一緒になってからだを動かしていくと、次第に会場は大きな盛り上がりを見せるようになっていきました。
 最後に、全員で会場の一番後ろから段ボール箱を渡していくと、小さな子どもたちも一生懸命箱を持ちあげて手渡していきました。そしてステージで箱を積み上げていくと、「とよはし」の文字ができ上がり大きな拍手が沸き起こりました。
 このステージ一体となったコンドルズの「遊育(あそいく)計画」、観客は、子どもだけでなく大人までも、満足した表情であふれかえっていました。

取材場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT

一覧に戻る