HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

サーラ杯´16アイチミニバスサマーフェスティバル

8/17(水) 10:00〜

サーラ杯´16アイチミニバスサマーフェスティバル

この大会は、ミニバスケットボールを通じて、少年・少女の体力づくりと社会性の育成を図るとともに、愛知県内のミニバスケットボールの普及発展を図ることを目的に行われており、今回で12回目を数えました。
今回は、地元豊橋の15チームをはじめ、愛知県内の107チームが参加しました。
試合は、4チームごと、14ブロックに分かれて行われ、3試合勝ち抜くとブロック優勝となります。
コートでは仲間同士声を掛けあい、パスを受けるとゴール目指して果敢に攻め込むなど、どの試合も熱戦が繰り広げられていました
選手たちはみなコートを駆けまわり、華麗なドリブルや速攻攻撃、またキレのあるパス回しなど、チームの特徴を活かしたプレーでゴールをきめていきました。
また中日となった13日には、全チームが体育館に整列して開会式が執り行われ、愛知ミニバスケットボール連盟会長や来賓による挨拶と選手宣誓がされました。
続く交歓会では、今年9月に開幕するプロバスケットボール新リーグ「Bリーグ」に参戦する三遠ネオフェニックスの選手たちを招いて、フリスローの連続成功記録を競う大会が行われました。
子どもたちはフリスローを決めると、選手らとハイタッチして喜んでいました。最後は碧南アンビシャスの中田くんが19回成功し見事1位を飾りました。
その後も試合は続き、シュートが入る度に会場は大歓声に包まれました。

取材場所 豊橋総合体育館

一覧に戻る