HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

渥美半島菜の花まつりオープニングイベント

1/16(月) 10:00〜

田原市加治町にある菜の花畑で14日土曜日、「渥美半島菜の花まつり」のオープニングイベントが行われました。

 渥美半島菜の花まつりは、毎年、菜の花が見ごろを迎えるこの時期から3月末まで、田原市堀切町にある「伊良湖菜の花ガーデン」をメイン会場に開催しています。
 時折雪が舞う寒い日となったこの日。会場となった加治町にある菜の花畑には、関係者や近くの稲葉保育園の園児など、およそ200人が会場に集まりました。また、田原市のマスコットキャラクターであるキャベゾウや妹のキャベリン、かいくんとかいくん2号も訪れ、会場を盛り上げました。
 始めに、山下政良田原市長が挨拶をし、続いて「菜の花いちごロール」のケーキカットがキャベゾウたちも交えて行われ、菜の花まつりの開会が宣言されました。このケーキは、菜の花といちごが使用されており、田原市ならではのスイーツです。
 最後は、稲葉保育園の園児およそ30人が、風船を一斉に空へ飛ばし菜の花まつりの開会を祝いました。風船が空高く上がると、園児たちから歓声が上がりました。
 イベント終了後は、菜の花いちごロールが振る舞われ、来場者は美味しそうに食べていました。
 また、同時開催の「田原菜の花エコプロジェクト感謝祭」では、豚汁や白玉ぜんざいの無料配布などが行われ、来場者は冷えた体を温めながら、菜の花を楽しみました。

取材場所 田原市加治町の菜の花畑

一覧に戻る