HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

平成28年度 田原市食育講演会

1/12(木) 10:00〜

「平成28年度 田原市食育講演会」が9日(月)に田原文化会館文化ホールで行われました。

これは、田原市の主催により毎年1回行われており、毎回多くの来場者が集まる人気の講演会です。今回は、「真の食育とは何か」をテーマに、東京農業大学名誉教授で発酵学者、文筆家の小泉武夫さんを講師に招きました。講師の小泉さんは、執筆やテレビ出演など多方面で活躍しており、食に関する著作は120冊を超えています。講演では、かつて長寿の県として知られていた沖縄県において、65歳未満の死亡率が非常に高いことにふれた上で、戦後以降、欧米寄りとなった沖縄県の食文化について説明しました。その他、小泉さんは、最近まで日本人は、根や茎の「根茎(こんけい)」「青果」「大豆」「穀物」など、大きく分けて7つの食材を中心に食べてきたと話しました。これらの食材に含まれる「繊維」をとることで、腸内で人の免疫力を高める免疫細胞が作られ、病気に強い体になると力説しました。およそ200人の来場者は、時おりメモをとりながら真剣な表情で話しを聞き、「大人こそ食育が必要」という小泉さんの言葉に深くうなずいていました。

一覧に戻る