HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

手作りみそとみそ玉にチャレンジ

1/31(火) 10:00〜

豊橋市神野ふ頭町にあるライフポートとよはしで27日金曜日、「手作りみそとみそ玉にチャレンジ」が行われました。

これは、豊橋市の農家が作った大豆を使い、手作り味噌の仕込みや味噌玉を作る事で、参加者に農業を身近に感じてもらおうと行われたイベントです。
主催したのは、「愛知県農村生活アドバイザー協議会東三河支部豊橋ブロック」のメンバーで、毎回「見たい!食べたい!豊橋農業!」と題し、農業に関する様々な体験イベントを行っています。
参加者は、始めに手作り味噌を作りました。農村生活アドバイザーの指導のもと、つぶした大豆を米こうじや塩とよく混ぜ合わせ、団子状に丸くしていきました。
次に、丸めた団子を各自持参した容器に勢いよく投げ入れていきました。勢いよく投げる事で味噌の中の空気が抜けてカビが生えにくくなります。
手作り味噌を容器に詰め終えると、次に、味噌玉づくりが行われました。
 味噌玉とは、味噌にだし粉や揚げ玉などを混ぜ合わせ、手のひらサイズに丸めたもので、お湯を注ぐとすぐに味噌汁が出来上がるとういうものです。
味噌玉作り終了後、参加者に地元の野菜をふんだんに使った豚汁が振る舞われました。
また農家の方から大豆ができるまでの工程の説明なども行われ、参加者は、豚汁を美味しそうに頬張りながら、真剣に話を聞いていました。

取材場所 ライフポートとよはし

一覧に戻る