HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

ユーモア溢れた共育川柳表彰式

1/30(月) 10:00〜

新城市の勤労青少年ホーム軽運動場で26日木曜日、「ユーモア溢れた共育川柳表彰式」が行われました。

これは、新城市小中学校PTA連絡協議会が、共育をテーマにした川柳を募集し、その優秀作品を表するものです。
共育とは、「家庭・地域・学校が連携し、子どもの教育に関わることで、子どもとともに大人も育つ事」を意味しています。
新城市内の小中学生や一般から総勢1392点の応募があり、その中から30点の作品が優秀作品に選ばれました。
教育長賞には、千郷小学校4年生の山本陸くんの作品「朝ごはん、ぼくの日課は、箸ならべ」と家でのお手伝いをうたった川柳が選ばれました。
山本くんに続き、名前を呼ばれた受賞者は、前に出ると、それぞれの作品を読まれた後、賞状を受取っていきました。
また、会場には、優秀賞に選ばれた川柳がまとめられたポスターが展示されていました。作品はどれもユニークで、共育に対する思いが込められていました。
例年より多くの応募があった今回の共育川柳。
参加者にとって共育について考える良い機会となったようです。

取材場所 新城市 勤労青少年ホーム

一覧に戻る