HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

車いすを楽しむ会「楽しいトイレチェック」

2/8(水) 10:00〜

豊橋市障害者福祉会館さくらピアで5日(日)、車いすを楽しむ会による「楽しいトイレチェック」が行われました。

これは、車いすを楽しむ会が2009年に作成した「車いすマップ」に掲載されている、障がい者用トイレのその後の変更点をチェックして、最新の情報をホームページに追加するための活動です。はじめに2階の図書談話室に会員と関係者30人が集まりました。会員の原田昌宏さんが、トイレチェックを行うために必要な情報を記入する「トイレマップ調査票」をもとに説明されました。そして、会員たちは二手に分かれて、さくらピア館内にある1階と2階のトイレのチェックを行いました。メジャーを使って、両壁の内側の幅や、奥行がどのくらいあるか、また、便器の左右にある手すりから手すりの幅はどの位あるのかを入念に計測して、チェックシートに記入していきました。一方、2階のトイレの調査では、ドアが引き戸ではなく、折り畳み式であることから、開閉に困難な人もあるだろうと、新たな情報を追加していました。他にも、災害時に指定避難所として開設された場合の災害用トイレの体験も行われました。使い勝手を確認し合いながら、問題点や注意点など情報を共有しました。この車いすを楽しむ会の楽しいトイレチェックは、障がいをもつ人にとって、暮らしやすい社会の実現のための活動であり、また社会のために貢献できる活動として、今後も継続していくとのことです。

取材場所 豊橋市障害者福祉会館さくらピア

一覧に戻る