HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

平成28年度 明るい家庭づくり推進大会

2/7(火) 10:00〜

豊橋市公会堂で4日、今回で34回目を数える「明るい家庭づくり推進大会」が開催されました。

 「親と子の 対話がつくる よい家庭」をスローガンに、愛知県は毎年2月を「家庭の日」県民運動の強化月間としています。豊橋市ではその市民運動の一環として、毎年この時期に「明るい家庭づくり推進大会」を開催しています。
 大会では、主催者挨拶に続き、「明るい家庭」をテーマに豊橋市内62の小中学校から募集した作文と壁新聞の入賞作品93点が表彰されました。豊橋市長賞には、作文の部で、章南中学校3年の高蛯ウくらさん他3名が、壁新聞の部では、羽根井小学校2年の久保田芽生さん他2名が選ばれ、堀内一孝副市長より賞状が授与されました。続いて豊橋市議会議長賞、教育委員会賞、小中学校PTA連盟協議会賞、南ロータリークラブ会長賞を受賞した、計109人の名前が読み上げられ、順に表彰されました。最後は、作文部門で豊橋市長賞を受賞した4人の小中学生が壇上に立ち、普段は恥ずかしくて、面と向かって言えない家族に対する感謝の気持ちなどを、大きな声で発表しました。
 入賞した壁新聞は、2月12日(日)まで、こども未来館ここにこの1階ギャラリーで展示しています。

一覧に戻る