HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

観光ガイドさんと歩く「豊橋まちあるき」

2/13(月) 10:00〜

豊橋の観光ガイドさんと歩く「豊橋まちあるき」が、10日金曜日に行われました。

豊橋の観光ガイドさんと歩く「豊橋まちあるき」が、10日金曜日に行われました。
豊橋観光コンベンション協会が、まちの魅力あるスポットを随時案内している「豊橋まちあるき」。豊橋駅に集合した参加者たちは、豊橋観光ボランティアガイドの会「ほの国豊橋案内人」の原田さんから、豊橋のまちについて簡単に説明を受けた後、駅前電停から市内電車に乗って出かけました。
札木電停で降りた一行は、まず、魚町の佃煮「濱金(はまきん)」、その後、ヤマサちくわ本店を訪れ、老舗ならではのこだわりの話を聞いた後、佃煮やちくわの試食をしました。
続いて、隣の札木町に向かった一行は、和菓子の老舗「若松園」や「絹与」を訪れて、老舗和菓子の名物を試食したり、鬼まつりにちなんだお菓子を勧められて購入したりしました。
最後に訪れたのは、かつぶし屋丸文岩瀬商店。店内で削りたての鰹節で煮たてたばかりの「だし」をいただきました。ほんのり薫る上品な「だし」を飲んで体も心も温まった参加者たちは、本物の味を知って、お土産に買い求めていました。
今回の「豊橋の老舗の名物やお土産を探しに行くコース」。
参加者たちは、一緒に歩いた観光ガイドさんの案内によって、老舗のおいしい食べ物を知ると共に、豊橋のまちの魅力を堪能したようです。

取材場所 豊橋市魚町、札木町

一覧に戻る