HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

平成28年度しんしろ男女共同参画フォーラム

2/21(火) 10:00〜

新城文化会館で、18日土曜日、「平成28年度しんしろ男女共同参画フォーラム」が開かれました。

これは、新城市民に広く男女共同参画を啓発するため、毎年開催しているイベントです。
老若男女34人が参加した今回は、「目からウロコの防災・減災 あなたの備えは大丈夫?」をテーマに行われました。
講師を勤めたのは、新城市役所防災安全課の篠宮彰里さんです。
初めに、篠宮さんは、防災講話基本編として、家具の固定などの防災対策の必要性や、地震発生時に、通電火災防止のため、ブレーカーを落とすといった災害時に注意するべき点などを話しました。
参加者は、メモを取るなどして、篠宮さんの話を真剣に聞いていました。
講話の後半では、事例編として、東日本大震災後、南三陸に派遣された篠宮さんが実際に見た、避難所生活などの話がなされました。
また、テーブルごとに「避難所に届いたお弁当をどう分配するのか」などの避難所生活で起こりうる問題点をテーマにしたディスカッションも行われました。
参加者は試食を兼ねて配られた非常食を食べながら、それぞれの目線で考えた意見を交わしていました。
また、別室では、防災グッズの展示も行われました。災害用の持出しバッグの持ち比べや、段ボールを用いたベッドの寝心地を体験できるコーナーもあり、会場は、賑わいを見せていました。
子供から大人まで多くの市民が参加した今回の男女共同参画フォーラム。
参加者にとって防災について考える良い機会になったようです。

取材場所 新城文化会館

一覧に戻る