HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第37回障害者作品即売会「イオン豊橋南店福祉の店」開催

3/16(木) 10:00〜

豊橋市野依町にあるイオン豊橋南店で、7日から13日まで、第37回障害者作品即売会「福祉の店」が開かれました。

豊橋市野依町にあるイオン豊橋南店で、7日から13日まで、第37回障害者作品即売会「福祉の店」が開かれました。
この福祉の店は、今年も愛知県内の5か所で開催され、イオン豊橋南店では、東三河を中心とした障害福祉施設や事業所の利用者たちの作品が販売されました。
7日初日には、オープニングセレモニーが行われ、始めに、主催者を代表して、愛知県セルプセンターの都築副会長が挨拶をしました。
そして、来賓の挨拶の後、参加事業所の利用者を代表して、障害福祉サービス事業所「明日香(あすか)」の山野さんと金崎(かなさき)さんが、福祉の店の成功を祈って決意表明をしました。
その後、テープカットをしてオープン。アカペラグループの「トラスト」の歌を楽しみました。
即売コーナーでは、障害者の皆さんが日頃の訓練や技能を生かして制作した木工品や縫製品、また、オリジナルクッキーを始め、パンやケーキのマドレーヌなどのおいしそうな商品がずらりと並べられ、お客さんたちは、手にとってじっくり見たり、試食したりするなどして購入していました。
また、「がんばろう東北」や「がんばろう熊本」と題して、東北地方や熊本の福祉事業所からの出品の即売もあり、多くの人が買い求めていました。

取材場所 イオン豊橋南店(豊橋市野依町)

一覧に戻る