HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

東日本大震災追悼ビーチクリーン

3/16(木) 10:00〜

豊橋市の表浜の小島海岸で、3月11日、東日本大震災の犠牲者を追悼して、海岸の清掃が行われました。

豊橋市の表浜の小島海岸で、3月11日、東日本大震災の犠牲者を追悼して、海岸の清掃が行われました。
これは、地元住民だけでなく、サーファーや釣り人、ライフセーバーなど、普段、表浜を利用している人たちが集まって、東日本大震災が起こった3月11日に毎年追悼しているもので、今年は150人以上が参加しました。
まず、全員で小島海岸周辺を清掃しました。参加者たちは、ビニール袋を手に四方に分かれて、砂浜やテトラポッドの下などゴミの落ちていそうなところを探しながら、拾い集めていました。
また、家族で参加していたり、ワンちゃんを連れて、散歩しながらゴミを拾ったりするなど、ほのぼのとした光景も見られました。
終了後、ビーチクリーンの発起人たちは、もし南海トラフ地震による津波が押し寄せたら、どう対処したらいいのかなどを参加者たちに呼びかけました。そして、参加者全員で手をつないで、東日本大震災の犠牲者への黙とうを行いました。その後、生花が配られ、浜辺に降りて海へ献花しました。
参加者たちは、3月11日に追悼ビーチクリーンに参加することで、東日本大震災を「いつまでも忘れない」という気持ちを、改めて強く抱いていました。

取材場所 小島海岸(豊橋市小松原町)

一覧に戻る