HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原市中央図書館工作教室「不思議なボールで遊ぼう」

3/30(木) 10:00〜

田原文化会館内の田原市中央図書館で、28日、工作教室「不思議なボールで遊ぼう」が開催されました。

 田原文化会館内の田原市中央図書館で、28日、工作教室「不思議なボールで遊ぼう」が開催されました。
 これは、春休みの小学生を対象に開いたもので、図書館内のこどもしつに、田原市の小学生20人が集まりました。主な材料は、牛乳パックのみと非常にシンプルで、サッカーボールをイメージした不思議なボールを作りました。
 まず、職員から図形について説明を受けると、早速子どもたちは、牛乳パックを切って五角形を12個と六角形を20個作っていきました。続いて、一つの五角形の回りに六角形をテープで張り付けていきました。低学年の子の中には、始めのうちは、やり方がよくわからずなかなか進まない子もいましたが、図書館ボランティアの人たちが熱心に教えたりすると、次第に、ボールの形になっていきました。早くボールができた子は、今度は、五角形の紙だけで小さなボールを作って、ミッキーマウスの形にして楽しんでいました。
 そしてボールが完成すると、田原文化会館内の多目的ホールに場所を移して、思い思いにボールで遊びました。ボールはとても弾力性があり、子どもたちは、上に放り投げてキャッチしたり、サッカーボールのようにリフティングをしたりと、身近な素材で作った自分のボールで楽しんでいました。

取材場所 田原市中央図書館(田原市田原町)

一覧に戻る