HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市立こじかこども園 竣工式及び内覧会

4/4(火) 10:00〜

豊橋市立こじかこども園の園舎が、この度、豊橋市植田町に完成し、3月30日木曜日に竣工式と内覧会が開かれました

こじかこども園は、子育て世帯の多様なニーズに対応するため、子育て中の家族を支援する「地域子育て支援センター」や集団保育などを受けることが困難な園児を一時的に保育する「病児保育室」、休日に保護者が仕事のため家庭で保育できない児童をみる「休日保育」を兼ね備えた豊橋市初の公立幼保連携型認定こども園として開園しました。この日は、こじかこども園が完成したことを祝い、竣工式及び内覧会が行われました。竣工式では、主催者を代表して佐原光一豊橋市長があいさつをし、続いて、園児が、合唱曲「ビリーブ」とダンスを披露しました。出席者は、子どもたちの元気な歌声やダンスに、目を細めながら見入っていました。
 そして、場所を園の入り口に移してテープカットが行われました。2人の代表園児や豊橋市長らがテープカットをすると会場からは、大きな拍手が沸き起こっていました。
 内覧会では、保護者や近所の方も参加して三河材をふんだんに使った新しい園舎を見て周っていました。なお、こじかこども園は、4月5日に新入園児を迎えるそうです。


一覧に戻る