HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋産のお米「女神のほほえみ」の田植えイベント

5/16(水) 10:00〜

豊橋市細谷町にある水田で14日日曜日、豊橋産のお米「女神のほほえみ」の田植えイベントが行われました。

 今回で3回目を迎えたこのイベントは、食物を収穫する大変さと喜び、また豊橋産のお米「女神のほほえみ」を多くの方に知ってもらおうと、女神のほほえみ・生産者の会が企画したものです。
 会場となった豊橋市細谷町の水田には、家族連れ等 23組が集まり、講師から苗を植える際の説明を受けました。
 参加グループごとに区画された水田で、スタートの合図とともに田植えが始まりました。
 この日植えられた豊橋産「女神のほほえみ」は、平成24年に豊橋市の河合晃さんが発見した品種で、稲穂に成長すると、銀色に光輝くヒゲが見られるのが特徴です。現在東三河では、7人の方が生産しています。
 田植えでは、各団体に育苗箱の半分の苗が割り当てられ、参加者たちは、講師から教わったとおり、苗を3本ずつ30cmの間隔に植えていきました。親子で協力しながら田植えをするグループや、田んぼの泥に足がとられてしまう人の姿も見られました。
 田植え後には、参加者に「女神のほほえみ」で作ったおにぎりと豚汁が振る舞われました。参加者たちは、家族や仲間と談笑しながら、女神のほほえみを味わっていました。

取材場所 豊橋市細谷町

一覧に戻る