HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

平成29年度三遠健康表現体操フェスティバル

6/19(月) 10:00〜

新城文化会館小ホールで10日(土)、中高齢者のための「健康づくり」を支援する、平成29年度「三遠健康表現体操フェスティバル」が開催されました。

これは、NPO法人全日本健康音楽研究会の主催で行われているもので、新城市では初めての開催となりました。全日本健康音楽研究会は、1992年浜松市で発足以来、今年で26年目を迎えています。会では、健康を少しでも長く保つためには、音楽に合わせて、動かせる範囲で楽しく体を動かす「健康表現体操」が、最も有効であると考えており、その成果発表の場、コミュニケーションの場として、毎年フェスティバルを開催しています。この日は、新城市をはじめ、近隣市町から18団体およそ350人が参加しました。プログラムは、各グループごとに、ステージ上で健康表現体操を披露しました。この健康表現体操は、懐かしい歌や思いでの歌にあわせてストレッチ運動を取り入れながら、適度な運動量を織り交ぜた振付けで構成されています。また、特別演技として、本部指導部長の松本さんの指導のもと、参加者と来場者全員で懐かしい歌に合わせて「健康づくり体操」を行い、楽しいひと時を過ごしました。この三遠健康表現体操フェスティバルは、主催者・参加者・ステージが三位一体となり、参加者にとって、楽しみながら健康づくりを行う、充実した一日となったようです。

一覧に戻る