HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第18回渥美半島くりーん大作戦

6/22(木) 10:00〜

渥美半島の海岸をきれいにして今年の夏の観光客を呼び込もうと、恒例の「渥美半島くりーん大作戦」が、17日に実施されました。

渥美半島の海岸をきれいにして今年の夏の観光客を呼び込もうと、恒例の「渥美半島くりーん大作戦」が、17日に実施されました。
 この渥美半島くりーん大作戦は、「きれいなまち!渥美半島」を合言葉に、毎年美しいまちづくりを進めている渥美商工会が主催しているもので、今年で18回目となりました。
 この日の朝7時30分、伊良湖岬恋路ヶ浜駐車場には、渥美商工会から100人とトヨタ自動車田原工場から社員や家族420人、合わせて約520人が集合しました。渥美商工会副会長の木村さんが開会の挨拶をした後、ごみ袋やトンングを渡された参加者たちは、伊良湖岬方面と恋路ヶ浜周辺に分かれて、ゴミ拾いを行いました。親子で参加する人も多く、参加者たちは、心地よい風に吹かれながら、砂浜に沿ってゴミを拾っていきました。
 海岸には、流木や古タイヤなどが打ち上げられていたほか、相変わらずペットボトルなどが多く捨てられており、1時間ほどで袋の中がみるみるうちにいっぱいになっていきました。
 駐車場に戻ってからは、ゴミの分別にかかり、燃えるごみやリサイクルごみなどに丁寧に仕分けていきました。大きなゴミでは、車のフロントバンパーとも思われるものや、非常に長いパイプのようなものまで回収され、コンテナいっぱいになりました。
 こうして、多くのボランティアの人たちの手によってきれいになった渥美半島では、今年の夏も、たくさんの観光客に訪れてもらうための準備が整ったようです。

取材場所 田原市伊良湖 恋路ヶ浜周辺

一覧に戻る