HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

児童館たんぽぽ たんぽぽまつり

8/7(月) 10:00〜

新城市長篠にある児童館たんぽぽで、3日から4日間にわたって、「たんぽぽまつり」が開かれました。

新城市長篠にある児童館たんぽぽで、3日から4日間にわたって、「たんぽぽまつり」が開かれました。
 これは、児童館たんぽぽで、年に1回夏休み期間中を利用して開催しているもので、未就学園児から小中学生までの子どもたちが、館内で好きな時に好きなだけ遊ぶことができます。初日は200人が訪れた今年の「たんぽぽまつり」、2日目の午前中は、未就学園児を連れた保護者たちが大勢訪れました。
 1階の「作って遊ぼ!」のコーナーでは、かわいいあひるのバッグやインディアンクロスをお母さんと一緒になって真剣に作っていました。そして、2階の「わくわくランド」では、タコをボール紙のハンマーで吸い上げる遊びに、バケツ一杯になるまで夢中になっていました。
 また、今年は巨大な段ボール迷路が登場。ミニオンズメガネをつけて迷路の中を、あちこち歩き回って探検しました。中には、出口までたどり着けず、途中で外に出してもらう子もいました。また、小学生たちは、暗号を解読したりする謎解きゲームに挑戦し、解いた答えをヒントに、館内を探しまわっていました。
 この「たんぽぽまつり」、好奇心旺盛の子どもたちが、いろんな遊びを飽きることなく楽しむかたわらで、お母さん同士もコミュニケーションをとっていました。

取材場所 新城市児童館たんぽぽ(新城市長篠)

一覧に戻る